ブログ記事(文章)の書き方

PC内にボツ作品発見!

自己紹介がてらのご挨拶記事にも
書いたけれど
私は数年間ちょっと違う方面に行っていた

そこでは何をやっても結果が出ない
というか、日の目を見ない

いや、そもそも結果につながる
道筋がなかったのかな

いろいろと作ったのだけど
それで終わってしまったものが多い

PCの中を見ていたら
80ページに及ぶわたくしお手製
「ブログ記事書き方マニュアル」
があった

日の目見てないの、、

文章は素人なのだけど、、

文章の書き方は
特に体系的に習ったわけでない

けれどセラピスト時代に
自分のブログとメルマガで
集客していて
リピートの無い養成講座の
生徒さんを集めるために
常に書いていた

ブログ記事は5000記事を超え、
メルマガも1562号まで出した

なので、
それなりに文章は書いてきたわけ

実践で学ぶタイプなので
(練習ドリルをしても身につかず)
人が集まらなければ書き直し
を繰り返していたら
徐々に集客できるようになった

ブログの書き方を教えてください
と言われることもあった
ある企業で講座をしたこともある

文章も表現なので、
いろいろと種類があり、
「アート」的なものと「商業」的な
ものがあると思う

私は読む人を感動の渦に巻き込むような
アート的、感性的な文章は
得意じゃないと思う
(いいね!がいっぱいつく
 超拡散される文章とか書けないから
 素直にスゴイなと思う)

けれど、
説明したり、具体的なレポとか
読んだ人が安心して行動できるような
文章を書く方はできるかな

文章を書くことで
見ず知らずの方が
1000人以上会いに来てくれた
orコンタクトを取ってくれた

北海道や九州、アメリカから
来てくださった方もいた

そんな感じでは文章が得意とも言える

そういえば以前
友人が手相を見てくれて
芥川龍之介線がある」
と言われた

おもしろいよね

過去生の一つがヨーロッパで
(イギリスだったかな)
売れない小説家だったとか
(売れていないのが残念だけど)

魅力的な記事を書く7つのポイント

そんなわけで、
日の目見ていない資料から
抜粋で

魅力的な記事を書く
7つのポイント

をお伝え!

今日はポイントをお伝えして
また機会があればお話しようかな

「魅力的な記事を書く」
と言われると、
「難しい!」と思うかもしれませんが、
7つのポイントを守って書くことで、
誰でも読みやすい魅力的な記事が
書けるようになります

 1.記事を書く目的を明確にし、
   常に忘れない
  (誰のため何のために)

 2.軽くサクサク読める

 3.「そうそう!」
   「あるある!」
   「これ私の事だ!
   と読み手が思うように書く

 4.読者が文章を読んで、
   情景(映像)が浮かぶように
   書く

 5.小学6年生にも
   わかるように書く

 6.数値を入れると、
   説得力が増す

 7.タイトル命!!

この7つを意識して
ブラッシュアップしていくと
自分の文章で独立して仕事が
できるようになると思いますよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました